ロンバール シャンパーニュセミナー

天文館のブラッスリーヴァンダンジュへ。
ロンバール社オーナー 三代目のティエリー氏のお話と9種類のシャンパーニュをテイスティング。

写真はヴァンダンジュの大薗さんより。
ロンバールは15のキュベを、クラシック、テロワール、コレクションと3つのラインナップに。
コレクションはオールドヴィンテージのマグナムですが、本日はクラシックとテロワールの2つのタイプをテイスティングしました。
d0316051_23380204.jpeg

白いエチケットのクラシック
特定テロワールのアッサンブラージュ。
高品質のプルミエクリュとグランクリュのブドウの一番絞りのみなので、アイテムによってはブリュット・ナチュールに。
d0316051_22335416.jpeg

黒いエチケットのテロワール
グランクリュ17の内、最高の4つの村を選びさらに地形にこだわり、より良いブドウの穫れる区画のブドウを4年以上瓶内二次発酵させて造ります。
d0316051_23435662.jpeg

全体的に軽やかで、アグレッシブではないエレガントな酸が爽やかなシャンパーニュです。
繊細でずっと飲んでいられる美味しさ。
ロンバールのメニル・シュール・オジェの畑のすぐ近くにサロンや、クロ・デュ・メニルがありますが、ロンバールのは1万円(税抜き)で飲めるのでお得ですよ!と仰ってました。

個人的にセニエのロゼシャンパーニュが美味しく、チーズと合わせたい♡
よく合うそうです。

三代目オーナーのティエリー・ロンバール氏。
d0316051_04520993.jpeg

トラックバックURL : https://matsutoyo.exblog.jp/tb/26357428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by matsu-toyo | 2018-01-17 01:17 | Champagne | Trackback | Comments(0)